眼瞼下垂/涙袋

HOME > 眼瞼下垂/涙袋

目次

クイック目力(切らない眼瞼下垂)

眼瞼下垂とは、まぶたの中にある眼瞼挙筋の力が弱くなり、上まぶたが開きにくくなる症状です。
以前は先天性の症状か加齢によるものでしたが、最近ではコンタクトレンズによる若い方の腱膜性眼瞼下垂も多くみられます。眼瞼下垂の状態を放置していると、見えにくさから頭痛や肩こりなどの症状に繋がることもあります。
眼瞼下垂は、上まぶたの垂れ下がっている度合によって、三段階に分けられています。

  • 軽度・・・上まぶたの縁が瞳孔にかかっていない。
  • 中度・・・上まぶたの縁が瞳孔にかかっているものの、瞳孔の中心線より上である。
  • 重度・・・瞳孔の中心線より下まで上まぶたの縁がかかっている。

眼瞼下垂の治療法は、タルミがある場合は切開になりますが、タルミがなければ切らない方法を選択することもできます。
クイック目力(切らない眼瞼下垂)は、切開法に比べて腫れが少なく、抜糸の必要がないなどのメリットがあります。まぶたの上にタルミの少ない40歳くらいまでの方にお勧めです。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、まぶたの中にある眼瞼挙筋の力が弱くなり、上まぶたが開きにくくなる症状です。
以前は先天性の症状か加齢によるものでしたが、最近ではコンタクトレンズによる若い方の腱膜性眼瞼下垂も多くみられます。眼瞼下垂の状態を放置していると、見えにくさから頭痛や肩こりなどの症状に繋がることもあります。
眼瞼下垂は、上まぶたの垂れ下がっている度合によって、三段階に分けられています。

  • 軽度・・・上まぶたの縁が瞳孔にかかっていない。
  • 中度・・・上まぶたの縁が瞳孔にかかっているものの、瞳孔の中心線より上である。
  • 重度・・・瞳孔の中心線より下まで上まぶたの縁がかかっている。

眼瞼下垂では、上まぶたを切開し、瞼板から挙筋をはずして縫い縮める手術を行います。
ただし、タルミがなければ切らない眼瞼下垂(クイック目力)を選択することも可能です。一度ご相談ください。

涙袋形成術(ヒアルロン酸注入)

涙袋形成術とは、ヒアルロン酸を下まつげの下部分に注入することにより、涙袋を作る方法です。
涙袋は主に、眼輪筋の膨らみによって形成されています。 別名「ホルモンタンク」とも呼ばれていて、近年では涙袋がふっくらしていることが、色っぽさや愛くるしさのポイントになっています。芸能人には涙袋のある人が多く、一般人でもメイクで涙袋を強調するように見せている人が多いです。

料金一覧

※ 本サイトの商品価格は全て税別表示です。消費税分は別途計算させていただきます。
※ レントゲン代、医師が指示した日数分の入院費なども含んだ料金です。(入院日数をお客様の都合で延期されたい場合は別途かかります。)麻酔については一部施術によって別途麻酔代(50,000~150,000円)が必要となります。詳しくは各施術ページをご覧下さい。
両目の料金になります。
片目をご希望の方はお問合せください。

眼瞼下垂

クイック目力(切らない眼瞼下垂) 250,000円
眼瞼下垂手術 400,000~600,000円

涙袋形成術

ヒアルロン酸注入 0.3ccまで 30,000円 
*追加 0.1ccごと 10,000円