フリーダイヤル:0120-834128 年中無休/診察時間 10:00~19:30 メール相談・予約はこちらから
包茎

包茎

包茎とは

男性の性器の手術で最も一般的なものが包茎(皮かむり)の手術です。包茎とは男性性器を包んでいる皮膚が反転せず、亀頭部が外にあらわれにくい状態をいいます。これには種類として仮性包茎と真性包茎があり、その程度によってそれぞれ一度、二度に分けられます 。

 

・ 仮性包茎(Ⅰ度)

勃起した時に皮が自然にむけます。

 

・ 仮性包茎(Ⅱ度)

勃起していない時に手で包皮をむくとむけるが、勃起した時にむくみと痛みを感じます。

 

・ 真性包茎(Ⅰ度)

勃起していない時でも包皮をむくと痛みがあり、無理にむくと包皮が亀頭の首をしめ、そのままにしておくと亀頭が充血し壊死の状態になることもあります。

 

・ 真性包茎(Ⅱ度)

包皮の口が排尿できる程度にあいていますが亀頭を外気に当てようとしても包皮が全く動きません。

 

以上のうち包茎の手術が必要なのは「仮性包茎(二度)」以上の場合です。
包茎を放置しておいていけない理由には次のようなことがあげられます。
まず、真性包茎をそのままにしておくと、亀頭がいつも包皮で覆われているため発育が悪くなり、不潔になりやすく、そこに白い恥垢(ちこう)がたまったり雑菌が繁殖したりして亀頭包皮炎の原因になるほか、まれには陰茎ガンになる危険さえあります。
また、仮性包茎でも亀頭の知覚神経が普段刺激されていないことからセックスに対して過敏になり、女性に満足感を与えないまま射精してしまう(早漏症)心配があります。
このような理由から包茎の人はできれば16、17歳、遅くとも20歳前後には手術をして正常な常態にしておくことが理想です。

 

包茎治療 施術方法

  • 局所麻酔をします。
  • 余分に余っている包皮を切除し、亀頭の下で縫合します。
  • 包帯で圧迫固定をし出血を防止します。自分では絶対にはずさないでください。

包茎治療 施術情報と経過

施術時間約30分~
麻酔局所麻酔 神経ブロック麻酔
治療期間14日間(2日目の治療の際、包帯の巻き方の指導があります。)
ガーゼなどでの固定7日間
抜糸14日目(溶ける糸の場合抜糸なし。)
腫れ大きな腫れは1週間程。
入院の有無なし
洗顔・お化粧・シャワーなどの規制シャワー…7日目からOK
入浴…抜糸の翌日からOK
スポーツ…2~3週間後からOK
性行為…1ヶ月後からOK
その他

包茎治療 施術料金表

婦人科形成

小陰唇縮小(片方) 140,000円
小陰唇縮小(両方) 230,000円
大陰唇縮小 400,000円
膣縮小 400,000円

男性泌尿器

包茎 200,000円

包茎治療 よくある質問一覧へ

Q. 包茎の手術は相談の当日にできますか?

A. カウンセリング当日の手術も可能です。※カウンセリングのご予約は必要です。

Q. 包茎の手術をしたいのですが、仕事もあるので術後の経過を教えてください。

A. 手術後の通院についてですが、術後は包帯を巻いています。この包帯は圧迫固定をして出血を防止するものですので、これは絶対にはずさないでください。
2日目に再び来院していただきます。包帯の巻き方を指導いたしますので、抜糸までの間はご自分で包帯を巻いていただきます。
4日目に経過を診るため来院していただきます。この日からシャワー浴が可能になります。
その後の通院は経過によります。
最後に14日目に抜糸をするため来院していただきます。この日から入浴が可能になります。

美容整形に関するあらゆる不安・疑問・質問にお答えいたします。 無料相談・ご予約はこちらから