輪郭/フェイスライン

HOME > 輪郭/フェイスライン

目次

おでこの形成(プロテーゼ)

おでこの形成(プロテーゼ)とは、額にシリコンプレートを入れることで、ふっくらとしたおでこを形成する方法です。
最初からシリコンを入れるのが不安な場合は、ヒアルロン酸注射にて、バーチャル体験していただくことができます。

こめかみの形成(プロテーゼ)

こめかみの形成(プロテーゼ)では、こめかみの生え際から数mmほど後方の部分を数cm切開し、筋肉と骨の間にシリコンプレートを挿入して、こめかみのくぼみを改善します。

こめかみの形成(脂肪注入)

こめかみの形成(脂肪注入)とは、体の余分なところから脂肪をとり、こめかみのくぼんだところに注入する方法です。人工物ではないので、異物反応が起こらないのがメリットです。

頬骨の形成(骨削り)

頬骨の突出には、以下のようなケースがあります。

  • 頬骨の隆起部が前方に出ている
  • 頬骨の隆起部が側方に出ている
  • 頬骨弓が側方に出ている
  • 上記が組み合わさっている

頬骨形成術(骨削り)では、これらの突出部分を削ったり、内側に骨折させたりして、頬骨の出っ張りを改善します。具体的には、口の中から上顎の粘膜を切開して上顎骨と頬骨を露出し、頬骨の前面と側面の一部を電動のバーで削ります。横に張り出した頬骨弓を下げる場合は、耳の前に切開を加えてこれを削ったり、頬骨弓を内側に向けて骨を折ったりします。

エラの形成(骨削り)

エラ張りとは、下顎骨の角部が突出している状態です。これには通常、下顎骨に付着している咬筋(咬むための筋肉)の肥大が伴います。これを良性咬筋肥大症と言います。
下顎骨の角部が張るパターンは以下の4つです。

  • 側方に張り出している
  • 下方に張り出している
  • 後方に張り出している
  • 上記が組み合わさっている

突出した部分の骨や筋肉を修正することで、自然な卵型のフェイスラインに近付けることができます。

骨削りは、下顎骨角が極端に出ている場合に行います。下あごの骨(下顎骨角部)を削ることによって、顔の横幅を減少させ卵型に近づけるための手術になります。
咬筋肥大のみの場合は、ボツリヌス注射(ボトックス)でエラ張りを改善することもできます。

エラの形成(ボツリヌス注射)

エラ張りとは、下顎骨の角部が突出している状態です。これには通常、下顎骨に付着している咬筋(咬むための筋肉)の肥大が伴います。これを良性咬筋肥大症と言います。
下顎骨の角部が張るパターンは以下の4つです。

  • 側方に張り出している
  • 下方に張り出している
  • 後方に張り出している
  • 上記が組み合わさっている

突出した部分の骨や筋肉を修正することで、自然な卵型のフェイスラインに近付けることができます。

エラのボツリヌス注射(ボトックス)は、咬筋が必要以上に発達しすぎている「咬筋肥大」の方に効果的です。エラ張りの原因は下アゴ周辺の筋肉にあります。そこにボツリヌストキシンを直接注入することで、筋肉の動きを麻痺させ、すっきりしたフェイスラインを作ります。必要最小限の部分にのみ注入するので、食事や会話など日常動作には、まったく支障ありません。

アゴの形成(骨削り)

アゴの形成(骨削り)とは、口の内側から歯茎の下部分を切開し、余分なアゴの骨を削りとる手術です。長いアゴにも、短いアゴにも対応することができます。
レントゲンでアゴの骨の位置を確認してから、アゴの骨を切ったり、前または後ろに移動させたりします。出っ張ったアゴを奥に引っ込めたり、逆に引っ込んだアゴを前に出したりすることができます。

アゴの形成(プロテーゼ)

アゴの形成(プロテーゼ)は、人工物を挿入することで、アゴの形を理想通りに作り出す方法です。奥に引っ込んだアゴを改善するのに有効です。当院では、シリコンプロテーゼとエンドプロテーゼを扱っております。
レントゲンでアゴの骨の位置を確認し、必要な高さのインプラントを作成してから挿入します。
手術は口の中から行いますので、傷跡も残りません。

アゴの形成(ヒアルロン酸注射)

アゴの形成(ヒアルロン酸注射)とは、ヒアルロン酸を注入することで、アゴを前に出したり、丸いアゴをシャープに見せたりする方法です。
口元を構成しているのは唇と歯とアゴの形ですが、横から見たとき、鼻の先端とアゴの先端を結んだE-ライン(エステティックライン)が一直線になるのが理想的なフェイスラインと言われています。日本人は欧米人に比べてアゴが小さく、美しいE-ラインが出にくいとされていますが、ヒアルロン酸を注入することで、手軽にアゴのラインを整えることができます。

アゴの形成(ボトックス注射)

アゴの形成(ボトックス注射)とは、ボトックスを注入することで、アゴの筋肉をゆるめて動かなくし、アゴの形を保ったり、シワがいきにくくしたりする治療です。
口に力を入れるクセがある人は、アゴにシワが寄ったりアゴが平らになったりしがちなので、ボトックス注射がお勧めです。

施術方法の違いについて

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は充填剤の役割をするものです。「フィラー」とも呼ばれます。埋める・詰める・ボリュームを出すなどの目的で使用します。
ヒアルロン酸はゆっくりと体内に吸収されていくので、効果は永久的ではありません。作った形を維持するためには、定期的に注入することが必要になります。
大がかりな手術が必要ないため、プチ整形とも呼ばれます。シリコンなどを埋める前に「お試し」としても使用できます。

シリコンプロテーゼ

シリコンは、体内に埋め込んでボリュームを出すために使われる人工物です。吸収されないので効果が持続します。

脂肪注入

脂肪注入とは、自分の体から余分な脂肪を取り出し、ボリュームを出したい場所に注入することです。人工物を入れるわけではないので、アレルギーや拒絶反応を起こすリスクが少ないのがメリットです。また、気になるところの脂肪を減らすことができ、一石二鳥でもあります。

料金一覧

※ 本サイトの商品価格は全て税別表示です。消費税分は別途計算させていただきます。
※ レントゲン代、医師が指示した日数分の入院費なども含んだ料金です。(入院日数をお客様の都合で延期されたい場合は別途かかります。)麻酔については一部施術によって別途麻酔代(50,000~150,000円)が必要となります。詳しくは各施術ページをご覧下さい。

エラ

咬筋ボツリヌス注射(ボトックス) 60,000~120,000円
エラ削り 1,200,000円

ヒアルロン酸注入 0.3ccまで 30,000円 
*追加 0.1ccごと 10,000円
頬骨切り 1,500,000円
頬骨削り(単純) 600,000~800,000円
頬骨削り(複雑:頬削り+弓部骨切り) 1,000,000~1,200,000円
脂肪注入 400,000円
脂肪切除 300,000円

アゴ

ヒアルロン酸注入 0.3ccまで 30,000円 
*追加 0.1ccごと 10,000円
シリコンプロテーゼ挿入 280,000円

アゴプロテーゼ抜去

当院で挿入した場合 120,000円
他院で挿入した場合 180,000円

アゴプロテーゼ入れ替え

当院で挿入した場合 350,000円
他院で挿入した場合 450,000円
骨削り法 600,000~800,000円
骨切り法 1,000,000~1,200,000円

アゴの梅干状シワ

ボツリヌス注射(ボトックス) 30,000円

ヒアルロン酸注入 0.3ccまで 30,000円 
*追加 0.1ccごと 10,000円
脂肪注入 400,000円
骨削り法(眉毛上隆起) 1,000,000円
シリコンインプラント 800,000円

こめかみ

プロテーゼ法 500,000円
ヒアルロン酸注入 0.3ccまで 30,000円 
*追加 0.1ccごと 10,000円
脂肪注入 400,000円