TOP

十仁美容整形公式サイト|銀座駅・新橋駅近くの美容整形・美容外科クリニック|80年超の歴史と実績の相談できるクリニック

お顔のお悩み:鼻【人中短縮(リップリフト)】

人中短縮(リップリフト)

人中短縮術(リップリフト)

人中短縮術(リップリフト)とは

鼻の下が長いとだらしない印象に見えたり、お顔全体のバランスが悪く見えたりします。このような状態を改善するのが人中短縮術(リップリフト)です。お顔には理想的なバランスがあり、人中を短くすることで小顔でかわいらしい印象にすることができます。まずは、人中短縮術の施術の詳細についてみていきましょう。

人中(鼻の下)を短くする整形手術

人中(じんちゅう・にんちゅう)とは、鼻の下から上唇までの間のことを指します。目や鼻に比べると顔の中でも小さなパーツですが、顔の印象を大きく変える重要な部分です。

人中が長いと顔全体がのっぺりした印象に見えたり、「鼻の下が伸びている」といわれるようなだらしない顔に見えたりします。さらに、顔の中心部分が間伸びした印象になるため、面長なイメージを与えることもあります。

人中短縮術は鼻の下の余分な皮膚を切り取り人中を引き上げる施術で、顔全体のバランスを整えることができます。また、唇も引き上げられるため、ふっくらとした上向きの唇に近づけます。

かわいらしく華のあるお顔に近づける

人中短縮術は間伸びした顔を引き締めるだけでなく、顔を小さく見せる効果も期待できます。また、長い人中は実年齢よりも老けて見えることがありますが、短い人中は童顔でかわいらしく見える効果も見込まれるのです。顔のパーツが中心に寄ることで小顔に見え、さらには華やかでかわいい印象を与えるため、人中短縮術の人気は高まっています。

鼻の下を切開するため傷跡が目立ちにくい

人中短縮人中短縮術は鼻のすぐ下を切開します。余分な皮膚を切り取り引き上げることで、人中を短くするのです。鼻のすぐ下のできる限り鼻の穴で隠れる位置を切開するため、傷跡はほとんど目立たなくなります。鼻の影で見えにくかったり、メイクで隠したりできるため、施術を受けたことがバレにくいのも特徴です。

人中短縮術がおすすめの人

  • 鼻の下が長いのがコンプレックス
  • のっぺりとした印象を変えたい
  • 馬顔といわれる
  • かわいらしく華やかな顔になりたい
  • 面長に見られてしまう
  • ふっくらとした上向きの唇に憧れる

人中短縮術はこのような方におすすめです。人中を短くすることでお顔の印象が大きく変わり、かわいくて華やかなイメージを与えることができます。また、人中の長さを短くするだけでお顔全体が引き締まり、小顔に見える効果も期待できます。さらに、上唇が引き上げられるため、ふっくらとボリュームのある女性らしい口元に近づけることも可能です。

人中短縮術のメリット・デメリット

人中短縮術のメリットとデメリットをお伝えします。施術をご検討中の方は、メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

人中短縮術のメリット
  • 間伸びした印象を改善できる
  • 引き締まったお顔に見える
  • 若々しく見える
  • かわいらしいイメージに近づける
  • 小顔効果が期待できる
  • 唇がふっくらとして見えるため女性らしい口元になる
  • 切らない人中短縮術(ボトックス)に比べて効果が長期間持続する
人中短縮術のデメリット
  • もともと唇が厚い人はたらこ唇になる可能性がある
  • 傷跡が残る可能性がある
  • 切開を伴うため元には戻せない

十仁美容外科の人中短縮術について

当院の人中短縮術の特徴についてお伝えします。

理想的な比率になるよう丁寧にデザイン

当院の人中短縮術は、デザインに最もこだわっています。医師の経験や技術力が必要なのはもちろんですが、デザインによって施術後の仕上がりが大きく変わってしまいます。 患者様お一人おひとりのお顔立ちを拝見し、理想的な人中の比率(人中1:下唇〜顎先2)を考慮した上でデザインを行います。人中の長さだけを見るのではなく、患者様に適したバランスでデザインするため、満足いく仕上がりに近づけることが可能です。

鼻の下を切開するため傷跡が目立ちにくい

当院の人中短縮術は、鼻の下のできるだけ穴に近い部分を切除するため傷跡が目立ちにくくなります。ただし、鼻の下は一直線ではないため、切開・縫合ともに細心の注意を払う必要があり、医師の知識や経験、技術力は必要不可欠です。傷跡が残るかどうかは医師の技術力次第という面もあるため医師選びは重要といえます。当院は人中短縮術の経験を積んだ医師が担当し、お一人おひとりに時間をかけて丁寧に施術を行うため、傷跡の残りにくい人中短縮術が可能です。

切る施術のため後戻りしにくい

当院の人中短縮術は切開を伴うため、一度施術を受けると後戻りしにくいという特徴があります。他にもボトックスを用いた切らない人中短縮術があり、上唇の口輪筋に注入することで筋肉が緩んで人中が短くなります。ボトックスは注射のみの施術となり費用も抑えられるため、切る施術に比べると受けやすい印象がありますが、効果が3〜6ヶ月程度しか続かないというデメリットもあるのです。当院の切る人中短縮術は基本的には効果が長期間持続するため、何度も施術を受ける必要がなく、一度の施術でコンプレックスを解消することが期待できます。

施術の詳細

施術時間1時間程度
麻酔使用
入院の必要不要
術後の通院抜糸のために約1週間後、診察のために約1ヶ月後に来院が必要です。
痛み個人差はあるものの、施術中には麻酔を使用するため痛みはほとんどありません。
腫れ個人差はあるものの、腫れは1週間〜1ヶ月ほど続くことがあります。ごく稀にですが、感染症や内出血が生じた場合は、腫れが長引く可能性があります。
傷跡1ヶ月ほど赤みが生じ、徐々に目立たなくなっていきます。
ダウンタイム腫れ・痛み・傷跡の赤みなどが1週間〜1ヶ月ほど続く場合があります。
シャワー・洗顔短時間のシャワー・洗顔は施術当日から可能ですが、患部を濡らさないよう注意してください。湯船での入浴は抜糸後からしていただけます。
メイク施術当日は患部を避けてメイクしてください。
リスク・副作用ごく稀にですが、出血や感染などが生じるリスクがあります。

施術の流れ

  1. ご来院・カルテ記入
  2. ドクター診察
  3. カウンセリング&デザイン
  4. 麻酔
  5. 施術
  6. 術後注意説明

料金

料金
鼻下長修正 料 金
鼻下長修正 363,000円

人中短縮術の注意点

人中短縮術を受けられない人
  • 妊娠中、授乳中の方
  • 人中が短くなることでお顔のバランスが悪くなる方(カウンセリングにて確認させていただきます)
施術前後の注意点
  • 赤く腫れたり白い膿が出たりする場合は感染の可能性があります。すぐに当院までご連絡ください。
  • 麻酔や薬を使って体調が悪くなった方、服用中の薬がある方は必ずお申し出ください。
  • 手術当日はお車の運転を避けてください。施術中はコンタクトレンズを外していただくためメガネをご準備ください。
  • 激しい運動は血流を良くして腫れを強める可能性があるため、抜糸後まで控えてください。

人中短縮術に関するよくある質問

マッサージやトレーニングなど自力で人中を短くする方法はありますか?

マッサージやトレーニングで人中を短くする方法はありますが、毎日継続する必要があり、すぐには効果が現れません。また、途中でやめてしまうと元に戻る可能性があるため、すぐに効果が欲しい方には人中短縮術がおすすめです。

人中短縮術で失敗や後悔を防ぐポイントはありますか?

人中短縮術で失敗や後悔を防ぐポイントは下記の3つです。

①施術経験を積んだ医師を選ぶこと

②カウンセリング・デザインを丁寧に行ってくれるクリニックを選ぶこと

③値段だけでなく施術内容やアフターフォローについても比較すること

これら3点には特に注意し、信頼できるクリニック・医師のもとで施術を受けましょう。特に、施術を受けたら終わりではなく、何か不明点や心配な点ができたときにサポートしてくれるクリニックを選ぶことが重要です。まずは無料カウンセリングを受けてみるのもよいでしょう。

人中は何ミリほど切るのでしょうか?

人中を何ミリ切るかは人によって異なります。人中の平均的な長さは1.5cmほどといわれていますが、大切なのはお顔全体とのバランスですので、一概に何ミリほど切除するとはお伝えできません。