TOP

十仁美容整形公式サイト|銀座駅・新橋駅近くの美容整形・美容外科クリニック|80年超の歴史と実績の相談できるクリニック

糸リフト(スレッドリフト)について

 糸リフト(スレッドリフト)について 

糸リフトはどんな方にお勧め?

十仁美容整形では糸によるリフトアップ施術を行っております。では糸リフトはどんな方にお勧めの施術なのでしょうか?

  • 脂肪のもたつきが気になる方
  • HIFUでもちろん効果があったが、もう少し効果を出していきたい方
  • フェイスリフトまでは考えていないが、もう少しリフトアップをしたい方

そんな方に糸リフトをお勧めします。

糸リフトの種類の選び方

糸リフトの種類は非常に多いです、悩まれる方も多いかと思います。

まずは溶ける糸であるか溶けない糸であるか。ですが、間違いなく溶ける糸をお勧めします。

  • 溶けない糸でも溶ける糸でも糸の持続期間(1年程度)が大きく変わることはない
  • 溶けない糸は挿入後一生にわたり感染のリスクと糸が露出するリスクがある
  • 糸の持続は一生ものではなく何回も繰り返し入れる必要があるため

以上の理由で溶ける糸での糸リフトをお勧めします。

溶ける糸の中でどの糸が良いのでしょうか?まず材質です。材質で持続期間が違います。

  • PDO(ポリジオキサノン)半年
  • PLLA(ポリ乳酸)12か月~18か月
  • PCL(ポリカプロラクトン)24か月~36か月

程度で加水分解されます。

もちろん持ちがよい方がよいように思えますが、それぞれの製品の特性を知り選定すべきです。

  • PDO・・・TSSSLIFT SOFT、ミントリフト、N-COG、アンカー
  • PLLA・・・シルエットソフト
  • PCL・・・VOVリフト、ミントリフトⅡminiS FLEX(PLLAと混合)、ショッピングスレッドプレミアム

十仁美容整形では、症例に合わせて糸の特性を生かしたの糸を用いたリフトの施術を行っております。患者様の状態や要望にあわせて糸の選定、本数の提案を行っております。

糸リフトのHIFUのどちらから施術すべきか。

まずは侵襲、ダウンタイムの少ないものからというのが美容医療の大前提であるとは思いますので、HIFU(当院ではウルトラフォーマーⅢ)から施術していただくのかよいと考えています。

もちろんHIFUの後には面でコラーゲンが産生されており、糸リフトのひき上がりを助けてくれると考えています、実際HIFUをおこなっている患者様の方が引き上がり効果が高いです。

糸リフト後のHIFUは糸リフトのメンテナンス的に行ったりしています。糸リフト後ヶ月程度で腫れが引いたタイミングで耳前部の皮膚のダブつきに2mmのHIFUを用いてシメてあげると非常に落ち着きがよいです。

糸リフトを受けるにおいて大切なことは糸リフトを受けたからと言って1年何もしなくてよい、と考えるのはよくないです。

HIFUにしても、糸リフトにしても定期的に半年に一回、1年に一回程度は定期的に行っていくことが大事です。

十仁美容整形における糸リフト

当院では多種の糸リフトの糸を取りそろえております。

VOVリフト

PCL素材で作られた糸です、PCLは非常に長い吸収期間です、(24ヶ月~36ヶ月)リフティング長期持続が期待できます。

テスリフトソフト

PDO(6ヶ月吸収)の素材の糸です、リフティングのバーブの周りに同じくPDO素材の3Dメッシュでくるんでおり、メッシュ素材の周りのコラーゲ、線維芽細胞の誘導が起こることによりより長い持続期間を実現しています。

また、PDO素材は脂肪萎縮効果があり引き締まった仕上がりを出せることが特徴です。

〇バーブアンカー、N-cog、N-FIX

PDO(6ヶ月吸収)素材のリフティング糸です。安定したリフティング効果です。

ぞれぞれのリフティング糸の特性を理解し、患者様の状態にあった糸で時に複数の糸を使用してリフトを行っていきます。

例えば脂肪層が多い部位は、テスリフトソフトを用い脂肪委縮効果とリフトアップ効果の両方を狙います。脂肪沈着があまりない部位はリフト持続効果に重点を置きPCL素材のVOVリフトを用いコンビネーションリフトの提案を行っています。

お気軽にお問い合わせください。