TOP

十仁美容整形公式サイト|銀座駅・新橋駅近くの美容整形・美容外科クリニック|80年超の歴史と実績の相談できるクリニック

【NEWS】世にも恐ろしいAGEsのお話し

 世にも恐ろしいAGEsのお話し 

AGEsとは?

AGEsとは:Advanced Glycation End Products(終末糖化産物)のことで、タンパク質の糖化反応(メイラード反応)によって作られる生成物の総称です。

【老化現象】の原因のひとつです。

老化の原因とは、

①酸化:紫外線・ストレス・喫煙などが原因

糖化:血糖値の急上昇・血糖値が高い状態の持続により進行

③炎症:慢性炎症の持続(紫外線・喫煙・食生活の乱れなど)

タンパク質に熱を加えるとAGEsが産生されます。

魚や肉の焦げた部分はAGEsの塊。

タンパク質と炭水化物が組み合わさったもの(たこ焼き、パンケーキなど)に熱を加えると発生します。

こんがり焼けた褐色の部分にAGEsがたくさん含まれます。

生 < 煮る・茹でる・蒸す < 焼く < 揚げる

という順番で高温調理になるほどAGEsがたくさん産生されます。

同じ食材でも熱を加えていくことでAGEsの値が急増します。

(牛生肉90gに含まれるAGEs=707 → 焼いてステーキにすると10,058

「血糖値×持続時間」が老化の速度を表します。

血管や骨の組織が破壊される、皮下のコラーゲン繊維等が破壊される

→たるみ・しわの発生、ガン・動脈硬化・アルツハイマー・失明などを引き起こす

体内のAGEsは結びつきが強固のため、なかなか排出されない…

マンゴスチンやノニなどにAGEsを排出させる働きがあると謳われていますが、定かではありません。

糖化を予防するには?

①体内でつくられるのを防ぐ

AGEsは血糖値が高い状態が続いた時に多く発生します。

そのため、食べ過ぎを防ぎ血糖値を高くしないことが大切です。

GI値を意識した食べ方をする

 →急激な血糖値の上昇を避ける

野菜を先に食べる

・パスタの場合はペペロンチーノよりもクリームパスタがおすすめ

 (カロリーはクリーム系の方が高いがパスタがクリーム成分でコーティングされているため血糖値上昇のスピードが緩やかになる)

・パンの場合はフランスパンよりもバターロールがおすすめ

②外から取り込むのを防ぐ

タンパク質と糖質が熱によって変性したものが「糖化」。

ホットケーキやクッキーを思い出してみてください。

材料は小麦粉や砂糖などの糖質と卵や牛乳などのタンパク質。

これらが過熱されてこんがり焼けたものです。

このおいしそうな焼き色は糖化の証です。

唐揚げよりも蒸し鶏、目玉焼きよりもゆで卵、魚なら刺身の方がなるべくAGEsは抑えられます。

NEWS一覧へ戻る