フリーダイヤル:0120-834128 年中無休/診察時間 10:00~19:30 メール相談・予約はこちらから

切開による眼瞼下垂OPから6か月後

  • 2017年05月09日

40歳女性の眼瞼下垂の手術前の写真です。
左目は二重の幅が狭く少しかぶっており、右目の二重はくい込みが浅く眉毛が上がっていて軽度の眼瞼下垂があります。

eye_pt_img7-1-1

eye_pt_img7-1-2

 今回は切開による眼瞼下垂で二重の幅を揃え、自然な感じになるよう手術しました。

下の写真は手術後1週間目です。
腫れには左右差がありますが、右目の方が眼瞼下垂の手術を強く行っているため強く出ました。
eye_pt_img7-3-2

そして、眼瞼下垂手術6か月後の写真です。
くっきりした左右均等な二重になり、右目のくぼんだ感じや、左目のたるみも解消し、目をあけようとして自然と力が入っていた左目の眉尻の上りも改善されています。目を閉じたときの傷も気になりません。

eye_pt_img7-2-1

eye_pt_img7-2-2

眼瞼下垂など切開の手術を検討されている方が心配する術後の腫れですが、上まぶたを切開する場合はしばらくは腫れます。そして個人差も左右差もあります。今回は40代の若い女性のため切り取る皮膚の量も少なく腫れは少なめでした。

術後の腫れは、眼瞼下垂術だけでなく、上まぶたのたるみ取りや二重術の全切開法の時も同様です。

上まぶたのたるみ取りで眉毛下切開(アイリフト)する手術の場合は腫れはもう少し少ないのでダウンタイムなど含め先生とカウンセリングして決めましょう。

ただ、この時期から夏場はサングラスをかけていて違和感ない季節なので、おすすめな季節でもあります。